阪急茨木市駅周辺でつけ麺戦争

阪急茨木市駅周辺でつけ麺戦争が勃発している。

2011年9月に永代町に豊中「渡辺製麺」が茨木店を開店した。2012年2月下旬には別院町に京都・出町柳「つけ麺マン」が初の支店をオープンした。別院町では「つけ麺マン」に先行して進出した関東の「麺屋ZERO1」もつけ麺をメニューを提供しており、にわかにつけ麺戦争が勃発した形だ。

渡辺製麺は阪急宝塚線豊中駅前のつけ麺店。京都・上加茂に製麺所がある。高槻市の高槻町にも店舗をオープンしていたが昨年末で閉店して茨木に集約した。

渡辺製麺茨木店ラーメン780円渡辺製麺茨木店ラーメン780円

渡辺製麺のラーメン780円。

つけ麺マンは京都・出町柳発祥のつけ麺店。塩鶏豚(しおとりとん)という鶏と豚の塩風味こってりスープが看板メニュー。唇や舌にねっとりとからみつくようなコラーゲンが特徴。

つけ麺マン塩鶏豚大盛り700円

つけ麺マンの塩鶏豚大盛り700円。

麺屋ZERO1は関東を中心にフランチャイズ方式で店舗網を拡大しつつあるラーメン店。恵比寿などに店舗がある。武士系とガッツ系という2種類のスープでラーメン、つけ麺、油そばを提供している。

各店の詳細は後日レポートする。

渡辺製麺 公式サイトなし

つけ麺マン 公式ブログ

麺屋ZERO1 公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です